大切にしてきたのは、記憶と歴史。

今でも乗れる現役の「たまゴンドラ」、運行中。

「たまゴンドラ」の愛称で親しまれる志賀高原のこの卵型ゴンドラは、1976年(昭和51年)に登場しました。以来、私たちは「たまゴンドラ」を大切に、安全に運行しています。それは、このゴンドラに沢山の想い出があるから。志賀高原の大事な歴史の一部だから。

ちょっと狭いけど。だけど。

往年のスキーヤーにとっては、懐かしく。そして今では、レトロなシルエットが新しく。

【画像は1975年フランス製のカプセル型】

ただ乗れるだけじゃない!たまゴンドラの楽しみ方!!

ゴンドラカフェ

東館山ゴンドラ山頂駅「200°カフェ」

東館山ゴンドラ山頂駅の200°カフェでは、実際に使用されたゴンドラをカフェテーブルとして再利用。ゴンドラの中で少し休んでいきませんか?

休憩はもちろん、記念撮影にもぴったり。東館山山頂にお越しの際は、ぜひとも訪れたいスポットです。

”たまゴンドラ”に新型登場

東館山ゴンドラに新色を追加

昔から馴染み深いあのクリームイエローを内装色に採用し、外装は日本人に馴染みのある抹茶カラーに仕上げ、どこにもない特別なゴンドラとして旧型客車と混在型でリニューアル。

旧型と一緒に何度でも乗るのが楽しくなるゴンドラに仕上げました。

乗れたらラッキー!

幸運のゴンドラ&恋するゴンドラ

東館山ゴンドラリフト50基のうちなんと、金色のゴンドラが1基、そして銀色が1基運行しています。 その名も。きんさん・ぎんさん。

金のゴンドラきんさんは幸運が、そして銀のゴンドラぎんさんは恋愛運が!?

乗れるかどうかは運次第!ステキな偶然を楽しもう。

その他のゲレンデをみる

志賀高原中央エリア内のゲレンデの一覧